【超低用量ピル】ヤーズの正しい服用方法

ヤーズは大手製薬会社「バイエル」が開発した超低用量ピルです。
ホルモンバランスを整えて生理不順やPMSを改善するだけでなく、避妊効果も得られます。

ヤーズの有効成分と効果

有効成分:ドロスピレノン、エチニルエストラジオール

ヤーズは従来の低用量ピルよりも卵胞ホルモン(エストロゲン)の含有量が抑えられています。
体にかかる負担を最小限に抑えられるため、副作用も少なめです。

有効成分ドロスピレノンが体内に吸収されると、体内で分泌されるホルモンが減少し、排卵の抑制や子宮内膜形成の促進といった効果が得られます。
またドロスピレノンは精神面におけるPMS症状の緩和に効果的で、生理前の落ち込みやイライラといった症状に悩んでいる女性に最適です。
生理痛が重い場合も、ヤーズを服用することで痛みの緩和に繋がります。

またヤーズは正しく服用することで避妊効果も得られます。
従来の低用量ピルでは副作用がきつく出てしまった人でも、超低用量のヤーズであれば安心して服用可能です。

病院でも処方されています

ヤーズは日本で承認を受けている医薬品なので、婦人科やレディースクリニックなどで処方してもらえます。
避妊目的だと保険が効きませんが、生理不順やPMSの治療薬として処方してもらう場合には保険が適用されるため、自己負担額を抑えられます。

ただし初診・再診や検査などにも医療費がかかるため、費用を抑えたいという場合には通販(海外医薬品の輸入代行)が便利です。
一度病院でヤーズを処方してもらい、体に合うようであれば、次回分から通販購入する方法も悪くありません。

ヤーズは処方箋医薬品なので、本来であれば病院でしか手に入らないのですが、個人輸入であれば自分が使用する目的に限り処方箋なしで購入できます。
定期的な通院が難しい人なども通販購入を考えてみるといいでしょう。

ヤーズの服用方法と注意点

1日1錠を毎日一定の時間帯に服用します

ヤーズは1箱に28錠入り。
1日1錠服用するため、1箱で1ヶ月分です。

有効成分が配合されているのは24錠で、残り4錠はプラセボ(偽薬)となっています。
休薬期間の飲み忘れを防止するためのプラセボなので、必ず1日1錠ずつ服用してください。

飲み忘れた場合の対処法

ヤーズを飲み忘れてしまった場合、当日内であればその時点で1錠服用します。
また1日後であれば2日分(当日分含む2錠)を飲んでください。

2日以上飲み忘れた場合、その時点で前日分の1錠を服用し、当日分は決まった時間に服用します。
翌日以降は正しいスケジュールの通りに服用を継続してください。

ヤーズの副作用と禁忌事項

ヤーズの副作用として乳房の張り、めまい、嘔吐、胃痛などが報告されています。
低用量ピルよりも副作用は少なめですが、服用開始時には副作用が出やすくなります。

注意すべきは血栓症です。
血管内に血栓ができてしまう症状で、ピルによくある副作用でもあります。
体のむくみやしびれ、痛みなどがあれば、すぐに医療機関で診察を受けてください。

またリトナビル・オムビタスビル・パリタプレビルが配合された医薬品はヤーズと併用できません。

ヤーズを飲めない人

・35歳以上で1日15本を超える喫煙量の人
・高血圧
・重い腎機能/肝機能障害がある
・妊娠中または授乳中

病気治療中で医薬品を服用している人は、念のため事前に医師に相談してください。
また初めて超低用量ピル(または低用量ピル)を服用するという人も、最初は病院で処方してもらうことをおすすめします。