トリキュラー【低用量ピル】効果・服用方法


トリキュラーは製薬会社大手のバイエル社が手掛ける低用量ピルです。
避妊はもちろん、月経不順やPMSといった女性特有の症状を改善します。

トリキュラーの購入はコチラから

トリキュラーの有効成分・効果

有効成分:レボノルゲストレル、エチニルエストラジオール
効能:ホルモンバランスを調整してて月経周期の乱れを改善します

トリキュラーは日本の婦人科クリニックでも処方されています。
月経をコントロールすることで避妊効果が得られるだけでなく、ホルモンバランスの乱れによる月経不順や、PMS(月経前症候群)の改善にも役立つ低用量ピルです。

トリキュラーには人工ホルモンであるレボノルゲストレル、そしてエチニルエストラジオールが配合されています。
経口摂取すると体内のホルモンバランスに作用し、排卵のコントロールが可能です。

避妊とは

避妊の方法として一般的なのは避妊具(コンドーム)の使用です。
正しく使用すればほぼ100%の割合で避妊が可能ですが、破損や使用方法の間違いなどによって妊娠してしまう可能性もあります。

トリキュラーを含む低用量ピルは排卵をコントロールして妊娠を防ぐ避妊法です。
排卵が抑制されるため妊娠が不可能になり、仮に体内に精子が入り込んでも受精・着床することがありません。

またトリキュラーは有効成分の配合量が異なる3種類の錠剤がセットになっていて、本来のホルモンバランスに近い状態をサポートします。
錠剤を飲み分ける必要がありますが、体にかかる負担を最小限に抑えられるため、安心して飲める低用量ピルです。

トリキュラーの服用方法

1日1回1錠を水またはぬるま湯で服用します

トリキュラーは偽薬を含まない21錠入りと、偽薬を含む28錠入りがあります。
偽薬は飲み忘れ防止のための、有効成分を含まない錠剤です。
どちらも1日1錠ずつ服用しますが、21錠入りの場合は7日間の休薬期間を忘れないよう注意が必要です。

月経開始日を1日目として、赤色の錠剤→白色の錠剤→黄色の錠剤の順番で服用してください。
色で有効成分の配合量が異なるため、飲み間違いに注意しましょう。

毎日同じ時間帯に服用しましょう

ホルモンの量を一定に保つためには、毎日決まった時間帯にトリキュラーを飲むことが大切です。
飲み忘れがないよう、カレンダーに記入するなどしてしっかり管理しましょう。

もし飲み忘れに翌日気づいた場合、その時点で2日分を服用してください。
2日以上経ってしまうと避妊効果が減少してしまいます。

トリキュラーの副作用・禁止事項

・副作用
吐き気、嘔吐、乳房の張り、頭痛、下腹部痛、発疹、じんましん など

吐き気や嘔吐などの副作用はホルモンバランスの乱れによるもので、月経前の症状に似ています。
またトリキュラーの服用中は月経のような出血がありますが、これは副作用ではありません。

重篤な副作用としては血栓症が報告されています。
動悸・息切れ、しびれなどの症状が起きた場合、すぐに病院を受診してください。

・併用禁忌薬
抗ウイルス薬(オムビタスビル、パリタプレビル、リトナビルなど)
※上記の医薬品の投与後2週間はトリキュラーを服用できません。
重篤な副作用が出る恐れがあるため、抗ウイルス薬による治療を行なっている人はかかりつけ医に相談しましょう。
・服用禁止(トリキュラーを飲めない人)
乳がん、子宮内膜がん、子宮頸がん、血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、肺高血圧症、心臓弁膜症、亜急性細菌性心内膜炎の既往歴のある心臓弁膜症の患者、糖尿病性腎症,糖尿病性網膜症、抗リン脂質抗体症候群、重篤な肝障害、肝腫瘍、脂質代謝異常、高血圧、耳硬化症、妊娠中に黄疸持続性そう痒症または妊娠ヘルペスの既往歴がある、妊婦または妊娠している可能性がある、骨成長が完了していない可能性がある、35歳以上で1日15本以上喫煙している人

トリキュラーの使用上の注意

トリキュラーは血栓症のリスクがあることから、40歳以上が服用する場合は医師による診察が必要です。
また閉経している女性は服用できません。

以下に当てはまる人はトリキュラーの使用について医師に相談し、許可を得ましょう。
自己判断で服用すると副作用が強く出てしまう恐れがあります。

子宮筋腫がある/乳がんの既往歴がある/肥満/血栓症を発症した家族がいる/軽度の高血圧/ポルフィリン症/てんかん/テタニー(けいれん)/耐糖能異常/片頭痛が起こりやすい