ソミナー【睡眠改善】効果・評判

ソミナー

ソミナーは、タイの製薬会社・Charoen Bhaesaj Labが製造・販売している睡眠薬です。
抗ヒスタミン作用によって脳の覚醒作用を抑え、睡眠への移行をスムーズにします。

日本での販売はなく、海外通販の専門サイトで購入可能です。

ソミナーの購入はコチラから

ソミナーの有効成分と効果

ソミナーの有効成分:ドキシラミン
効果:不眠症状の改善

ソミナーの主成分であるドキシラミンは、日本では流通していない抗ヒスタミン成分。
海外では市販薬(睡眠改善薬)として販売されています。

日本には、似た作用を持つ薬としてアタラックス(成分名・ヒドロキシジン塩酸塩)やどりエル(成分名・ジフェンヒドラミン塩酸塩)がありますが、睡眠に対してもっとも強く作用するのはソミナー(ドキシラミン)だといわれています。

ソミナーは、脳の覚醒や集中力の発揮に必要なヒスタミンの作用を抑えるのが役割。
覚醒が抑制される=睡眠へ移行しやすくなります。

服用後30分~1時間ほどで効き始めるので、なかなか寝つけなくてツライという人に適しています。
作用は6~12時間ほど続くので、夜中に目が覚めやすい人やアラームよりも早く起きてしまう人にも効果的です。

またソミナーは、アレルギー薬としても有効。
アレルゲン(アレルギーのもと)が体内に入り込むとヒスタミンの放出が促され、皮膚症状や鼻炎といったアレルギー反応が現れることもあります。
ヒスタミンを阻害するソミナーは、鼻づまりや肌のかゆみといったアレルギー症状の改善にも用いられます。

不眠症の診断を受けている人には適しません

ソミナーは海外製品ですが、日本においては一時的な不眠の緩和を目的に作られている市販薬と同等の薬です。
市販の睡眠改善薬は、不眠症(睡眠障害)には効果がないと言われています。
その理由は、市販薬はより多くの症状に適応しながら安全性を維持するよう作られているから。
一人ひとりの症状に合わせて選定する処方薬とは異なり、「しっかり眠れた」「夜中に何度も目が覚めた」など、効果の感じ方には個人差があります。

ソミナーの飲み方

1回1錠(25mg)を就寝直前~30分ほど前に服用します。

ソミナーは適度な即効性があるため、就寝準備を整えてから服用してください。
摂取後の活動や外出は控え、いつでも眠れるよう横になっておきましょう。

ソミナーの副作用

ソミナーの成分・ドキシラミンの副作用には、眠気・口渇・排尿障害・運動失調などがあります。
とくに排尿障害が現れやすいといわれており、尿閉の症状を伴う前立腺肥大症を患っている人はソミナーを服用できません。

また、記憶障害や幻覚といった精神的な症状を伴うことがあります。

重い副作用を生じるのはまれですが、体調に異変を感じたら放置せずに医療機関を受診してください。

ソミナーの注意事項

ソミナーは、ジフェンヒドラミンやヒドロキシジンなど、ほかの抗ヒスタミン薬との併用が禁止されています

抗コリン作用がある医薬品(第一世代、第二世代の抗うつ薬)との併用についても安全性が確認されていません。
服用中の薬がある人は、ソミナーの服用について主治医や薬剤師に確認してください。

ソミナーの評判・口コミ

ドリエルより強いと聞いて購入してみました。
たしかに眠くなりやすいと思います。
でも抗ヒスタミン系あるあるなのか、口や鼻の奥がからっからに乾燥しますね。
精神科の睡眠薬に頼るほどじゃないけど、ちょっとした力を借りないと眠れないっていう人は試してみるといいかも。
市販薬レベルってことで、軽い気持ちで試してみました。
意外と使えます。ソミナーを飲んだ夜は、寝れなくて悶々とすることがありません。
寝つきがよくなるのは助かるけど、次の日の昼間がだるい。
居眠りするほど眠くなるわけじゃないけど、ボンヤリしやすいし体にキレがないっていう感じです。
寝つき優先でたまに飲む分にはいい薬だと思います。

ソミナーの購入・通販について

ソミナーは海外製の睡眠改善薬なので、海外医薬品を専門に取り扱う通販サイトで購入できます。

海外で作られている医薬品は、個人輸入という手段であれば購入や服用が認められています。

個人輸入では、

・商品は現地から直接発送されること
・注文者本人だけが使用する
・家族や友人のために購入してはいけない

といったルールがあります。

ルールの範囲内であれば、医薬品のネット購入は合法。

日本では承認されていないソミナーは、ドラッグストアや薬局で販売されていないだけでなく、精神科や心療内科でも扱われていません。

しかし海外通販を活用すれば、気軽に試してみることができます。