春日井市の勝川オーラルクリニックでは一般歯科の他、インプラントなど様々な治療に対応しております

更新をお待ちください。
HOME»  治療症例

治療症例

■骨移植(ボーングラフト) 治療症例

インプラントの埋入にあたり、骨が足りない部分に骨をつぎ足してインプラントが入れられるようにすることをいいます。
インプラントを入れたい骨頂の外側の骨が吸収してしまっている場合がたびたびあります。
他部位から骨をブロックで採取し足りない部位に貼付けます。

移植部位 右下5の1歯欠損ですが、ちょうどインプラントを入れる入り口の皮質骨が吸収してしまってここの幅が足りません。
この長さにして8ミリ程度の部分に骨を移植したいわけです。
移植したい部位を明示 粘膜骨膜を剥離し移植したい部位を明示します。
オトガイ骨オトガイ骨 骨採取部位はオトガイ骨です。
ちょうど同じぐらいの皮質骨の厚みをもつ部分です。
採取した2つのブロック骨 直径6ミリのトレフィンバーを使い頬側の皮質骨は一瞬にして切除できブロック骨を2つ採取しました。
チタンスクリューにて固定 それを重ね合わせ、チタンスクリューにて固定します。

 

実際は下方のブロック骨はスクリューにて割れてひびが入ってしまいました。
骨が動かなければ大丈夫です。
手術後骨が露出しないよう緊密に縫合します。

【まとめ】
約4~5ヶ月後、骨が生着後インプラントを埋入します。

 

■骨移植後のインプラント埋入

インプラントを埋入 前回骨移植後経過良好で、約4ヶ月が経過したのでインプラントを埋入しました。
術前の状態です。
ブロック骨が同化 通法により切開、粘膜骨膜弁を剥離してすぐの状態です。前回骨移植したオトガイの円形の厚みのあるブロック骨に注目です。
うっすらとラインが見えますが、スクリューの位置により完全にブロック骨が周囲骨に生着し同化しているのがわかります。
ボーングラフト スクリューを除去し通法により、明らかに幅が増加した骨頂より直径4ミリのインプラントをらくらく埋入できました。
このように骨頂の幅が足りないケースには非常に有効なボーングラフトです。
縫合し終了 縫合し終了。
ブロック骨固定によるボーングラフトは2回手術をしないといけないデメリットはありますが確実にインプラントを埋入できるという点で優れています。
また、メンブレンやチタンメッシュといった移植骨の形態付与の材料を必要としません。

■口唇腫瘍摘出術 治療症例

口唇腫瘍 口唇腫瘍とは、主に下口唇に出現する無痛性の腫瘤をいいます。
本体は、粘膜下に膨瘤をきたす、粘液嚢胞、というもので、
口唇腫瘍摘出術として当クリニックでは粘膜の手術では最も多く行っています。
粘膜直下の小唾液線がなんらかの原因で粘液排出障害を起こし、粘液の貯留した嚢胞というものができ口唇が腫れるということです。
小唾液腺がある部位に起こるので、舌、頬粘膜にも発生します。
粘膜上皮のみを切開 粘膜上皮のみを切開。
嚢胞をはがす 手術は、周囲組織をなるべく損傷しないよう嚢胞を慎重にはがしていきます。
剥がれてきた だいぶはがれてきました。
小唾液腺も処理 周囲にみえる小唾液腺もきれいに処理します。
摘出完了 摘出完了
上皮を合わせる 上皮を合わせ
縫合し終了 きれいに縫合し終了

再発の可能性を説明します。周囲の小唾液腺をしっかり取り除くことでその可能性は最小限となります。

■萌出困難歯の開窓術 治療症例

萌出困難歯の開窓術 矯正治療を前提に埋伏した状態の歯を露出させ表面にボタンを貼付けるところまでをいいます。犬歯や親知らずで行う事が多いです。
わかりやすくいえば埋まったままではえてこれない歯を引っ張ってはえるようにする最初の段階ということです。
犬歯は通常は唇側に埋伏しているので、唇側から開窓することが原則で、文字通り開窓、なので犬歯の周囲の骨を削除しボタンをつけたらそのまま開放にしておくことになります。
上顎の左右犬歯の埋伏 この症例は16歳女性、上顎の左右犬歯の埋伏です。このように口蓋側に埋伏していることはほとんどみたことがありません。

術前の状態です。口蓋側に膨隆がみえます。

粘膜剥離し両側犬歯を明示 口蓋側から切開、粘膜剥離し両側犬歯を明示させます。
CTからも犬歯の口蓋側面しか露出できないため、ここにボタンを接着するしかありません。
強力接着性セメントにてボタンを付ける 歯の表面を酸処理し乾燥させ強力接着性セメントにてボタンを付けました。
今回は口蓋側のためいったん粘膜弁は戻して縫合しました。
1週間後 1週間後、装置を装着し矯正的にこれから引っ張り出すようにしていきます。
このように矯正医からの依頼で、若干原則と異なる方法で開窓をしなければいけないこともあります。

■親知らずの抜歯 治療症例

左下埋伏智歯の抜歯 左下埋伏智歯の抜歯です。今回は左下第二大臼歯横にある歯肉腫脹が気になる、ということで受診されたケースです。 以前より智歯も気になっていたということで、智歯の炎症が原因の一つとも考えられたため抜歯をすることになりました。
歯肉腫瘍 診断としては歯肉腫瘍です。腫瘍を切除し、同時に智歯抜歯を行いました。
ちなみに智歯の埋伏抜歯であっても埋伏の位置、根の形や湾曲の程度等によって、抜歯の難易度はかなり変わります。印象としては真水平に横たわっているより、このケースのように斜め45度のような角度で埋伏しているもののほうが抜きにくいと思っています。
腫瘍周囲を切開 腫瘍周囲に切開を加えます。周囲組織と丁寧に剥離し切除しました。
全摘出した腫瘍 全摘出した腫瘍です。炎症ではなく充実性の線惟性組織と考えられました。
(病理組織診断;fibrolipoma 、脂肪腫というもので良性腫瘍でした)
腫瘍切除した後の状態 腫瘍切除した後の状態です。底部には筋肉組織がみられます。
切開、骨膜剥離 引き続き智歯抜歯を行うにあたり、腫瘍切除後の創部を含め切開、骨膜剥離をしなるべく智歯の歯冠を明示させます。
歯冠分割 歯冠分割。なるべく大きく歯冠を削除し、第二大臼歯との間のスペースを確保します。周囲の骨は削除しないようにしています。
縫合し終了 根部を抜歯した状態です。
実際は、根を短くするために根尖方向に向け根をかなり削除していきました。大変な抜歯でありました。
あとはきれいに縫合し終了です。

今回の歯肉腫瘍は埋伏智歯とは関係なしという結果でした。ただ埋伏智歯に関しては無症状でも原則抜歯となりますので、今回はそれが同時にできたケースでした。

PAGE TOP