【抗真菌薬】ニゾラールはカンジダやいんきんたむしに有効

ニゾラールは真菌(カビ)感染症に有効な医薬品です。
体のなかから早く効くため、外用薬に比べてカンジダ症やいんきんたむしの症状をすばやく治せます。

ニゾラールの有効成分と効果・効能

有効成分:ケトコナゾール
効果・効能:真菌の細胞膜を構成するタンパク質(エルゴステロール)を阻害します

ニゾラールの有効成分であるケトコナゾールは、イミダゾール系抗真菌薬に分類されます。
主に真菌による皮膚症状に用いられるお薬です。

真菌とはカビのことで、皮膚で増殖すると痒みや炎症などを引き起こします。
細菌とは作りが異なるため、一般的な抗菌薬では効かないこともあります。

性感染症として知られるカンジダ症、または男性に多いいんきんたむし(股部白癬)も真菌が原因。
ケトコナゾールはどちらの症状にも適応していて、高い抗菌力を発揮してくれます。

真菌は薄い細胞膜で覆われているのですが、増殖時にはこの細胞膜を形成するてエルゴステロールというタンパク質が必要です。
ケトコナゾールがエルゴステロールのタンパク質合成を阻害すると真菌は弱まり、やがて消えます。

カンジダ症やいんきんたむしは皮膚症状が主なので、痒みを抑えるために外用薬が処方されることもあります。
しかし即効性はそれほど得られないため、治療が長引くことも。
ケトコナゾールは外用薬の有効成分として用いられることが多いのですが、ニゾラールは内服薬なので体にすばやく吸収され、すぐに効果を発揮します。
また副作用が少ない点も魅力です。

同成分が配合された外用薬・シャンプーがあります

ニゾラールの有効成分であるケトコナゾールは、クリームタイプの外用薬や薬用シャンプーにも用いられています。
こちらも真菌感染による皮膚症状に有効です。

ニゾラルクリームはカンジダ症や水虫など、患部に直接塗ることができます。
内服薬に比べると即効性はありませんが、皮膚の炎症を抑える作用が得られます。

またニゾラルシャンプーは頭皮のフケや痒みを抑えてくれます。
カビ菌が頭皮で増殖すると脂漏性皮膚炎を引き起こしてしまうのですが、ケトコナゾールが配合されたシャンプーでケアすることで、頭皮の健康維持が可能です。

このように、ケトコナゾールは内服タイプでも外用タイプでも高い抗真菌作用を発揮します。

ニゾラールの正しい飲み方

・膣カンジダの場合
1日1回の服用を2週間継続します。
それでも効果が出ない場合は1日2回(400mg)を5日間服用してください。

・水虫やいんきんたむしの場合
1日1回200mgを上限として服用します。

皮膚炎の状態がひどい場合には服用期間を伸ばすことも可能です。
しかし症状の程度で服用法が異なるため、正しい飲み方については医師にご相談ください。

ニゾラールの副作用と禁忌事項

副作用:頭痛、胃もたれ、めまい など

抗真菌作用によって常在菌のバランスが乱れ、胃もたれといった胃腸症状を起こすことがあります。
一過性の症状なので長時間続くことはありません。
ただし副作用がしばらく続いたり、めまいがひどかったりする場合は、様子見をするのではなくすぐ医療機関を受診してください。

使用上の注意

以下に該当する人はニゾラールを服用できません
・ケトコナゾールでアレルギーが出たことがある(内服薬・外用薬)
・妊娠中または授乳中
・肝障害がある

以下の薬を服用中の人はニゾラールとの併用について医師に相談しましょう
・制酸剤
・シンバスタチン/ロバスタチン
・CYP3A4阻害薬(抗うつ剤など)