【ミノサイクリン系抗生物質】ミノマイシン通販

ミノマイシンは強力な殺菌作用を持つ抗生物質です。
有効成分はミノサイクリン塩酸塩。
ニキビ治療に用いられるほか、クラミジア・淋病などの性感染症や、マイコプラズマなどのにも効果を発揮します。

ミノマイシンの有効成分と効果

ミノマイシンは世界的に有名な製薬会社「ファイザー社」が開発した抗生物質で、日本でも多くの感染症治療に利用されています。

ミノサイクリン塩酸塩という有効成分は、細菌が増殖するために必要なタンパク質合成を阻止して、細菌の活性化を抑える働きがあります。
増殖できなくなった細菌は死滅していくため、感染症の症状が改善されるのです。

またミノサイクリンは適応症が多いテトラサイクリン系に分類される抗生物質です。
さまざまな用途があるため、常備していれば細菌感染した際に役立ちます。

ミノマイシンの適応症一覧
皮膚炎、肺炎、尿道炎、乳腺炎、中耳炎、歯周組織円、手術創の二次感染、骨髄炎、子宮内感染、咽頭炎、リンパ管炎、涙のう炎、精巣上体炎、淋菌感染症、クラミジア、マラリア原虫 など

ほとんどの抗生物質は菌類にしか適応していませんが、ミノマイシンはマラリア原虫にも効果を発揮するのが特徴的。
高い抗菌力を備えている証拠です。

海外製のミノマイシン・ジェネリック

ファイザー社製のミノマイシンは先発薬です。
日本では日医工製のジェネリック「塩酸ミノサイクリン錠」が製造されていますが、いずれも医師の処方箋なしでは購入できません。

もし病院の受診なしでミノマイシンを購入したいのであれば、海外製の医薬品を個人輸入するといいでしょう。
シプラ社製の「ディヴァイン」や、アポテックス製の「アポ-ミノマイシン」はそれぞれミノマイシンのジェネリック医薬品で、先発薬と同等の効果を備えています。
またジェネリックは開発コストがかかっていない分、先発薬に比べて安く変えるのもメリットです。

ミノマイシン・ジェネリックが手元にあれば、クラミジアや淋病、またはそれ以外の感染症にかかった時にすぐ治療を始められます。
適応症が多いため、常備薬として役立つでしょう。

ミノマイシンの正しい服用方法

成人の場合、ミノマイシン100~200mgを1日1~2回に分けて服用します

ミノマイシンは症状や年齢によって用法を調整する必要があります。
小児の場合だと、1日の最大用量がミノマイシン2~4mg/体重kgまでです。

また服用期間も症状によって増減します。
用法・用量に不明点がある場合は自己判断せず、必ず病院を受診して医師の診察を受けましょう。

ミノマイシンは食事の影響を受けにくい

テトラサイクリン系の抗生物質は、食事と一緒に摂ると効果が半減してしまう恐れがあります。
とくに牛乳やチーズなどの乳製品は有効成分の吸収の妨げになるため、服用の前後に食べないよう注意が必要です。

しかしミノマイシンはテトラサイクリン系でありながら、食事の影響を受けにくいという特徴があります。
食事で効果が左右されないため、食中に服用しても空腹時と同じように効果が得られます。

ミノマイシンの副作用・禁忌事項

ミノマイシンの副作用として、めまいや消化器症状が報告されています。
事故の予防のため、薬を服用したあとは車の運転等を避けてください。

またミノマイシンは併用禁忌薬がないものの、飲み合わせに注意が必要な薬があります。

・カルシウム/マグネシウム/アルミニウム/ランタンなどを含む薬、食品
・抗凝血剤
・抗リウマチ薬
・強心剤
・スルホニル尿素系血糖降下薬
・ポルフィマーナトリウム など

上記の医薬品を服用している人は、ミノマイシンとの併用について医師にご相談ください。

また以下に該当する人はミノマイシンを飲めません。

・肝障害/腎障害がある
・食堂通過障害がある
・高齢者
・妊娠中/妊娠の可能性がある
・授乳中である