メラトニン通販【快眠サプリ】

メラトニンは睡眠ホルモンと称され、眠りに深く関係しています。
眠りが浅い・寝付きが悪いといった場合にメラトニンを摂取することで、スムーズかつ快適な眠りをサポートしてくれます。

メラトニンの効果

メラトニンは脳内で分泌されるホルモンの一種。
基本的に夜に多く分泌され、起床後に血中濃度は低下していきます。
分泌が止まるきっかけは朝日(日光)を浴びることであるため、ドラキュラホルモンと呼ばれることもあります。

メラトニンは加齢によって徐々に分泌量が減ってしまいます。
年齢を重ねるごとに眠りが浅くなるのはそのためです。
とくに40代を超えると分泌量の減少が加速し、免疫力が低下するなどの体調の変化が現れます。

また最近の研究では、メラトニン不足が糖尿病のリスクを高めることが分かりました。
生活習慣病は悪化すると命に関わる病気です。
とはいえ脳内分泌ホルモンであるメラトニンを自力で増やすのは困難。

そこで本来は脳内で分泌されるメラトニンを、サプリメントとして取り入れる方法が役立ちます。

睡眠不足や免疫力の低下を解消するためには、スムーズに眠りにつき、体の疲れを取ることが必要不可欠です。
サプリメントに含まれるメラトニンを摂取すると、体内時計を正常化させ、自然な眠りをサポートしてくれます。
また眠りの浅さも解消されるため、寝ても疲れが取れないという人にも最適です。

メラトニンサプリが買えるのは海外通販だけ

メラトニンが配合されたサプリメントは日本国内で販売されていません。
メラトニンの分泌量を増やす目的の商品はありますが、成分自体が含まれた商品は認可されていないため、購入する際は海外製の商品を個人輸入する必要があります。

「睡眠薬や睡眠改善薬はできるだけ使いたくない」という人は、海外医薬品通販を利用してメラトニンサプリメントを手に入れましょう。
サプリメントの効能には個人差がありますが、体にかかる負担を最小限に抑えられるため、医薬品よりも安心して取り入れられます。

メラトニンの正しい飲み方

メラトニンを摂取するタイミングは就寝前がベスト。
本来、メラトニンは夜に分泌されるホルモンです。
寝る前に摂取することで、脳が自然と眠気を感じてリラックスします。

初めてメラトニンサプリメントを摂取するのであれば、寝る前にメラトニンとして3mgから試してみましょう。
メロセットという商品は1粒の成分量が3mgなので、1日1回1粒~飲用します。
慣れてきたら1日最大3粒まで服用可能です。

たくさん飲んでも早く眠れるわけではありません

メラトニンは大量に摂取すれば睡眠不足が解消されるわけではなく、多く取りすぎると倦怠感がひどくなる恐れがあります。
1日に摂取できる目安はメラトニンとして9mg程度です。
目安を守ってサプリメントを飲用し、怠さを感じるようであれば用量を減らすなどして調節してください。

メラトニンの副作用・注意点

メラトニンは眠りに欠かせないホルモンですが、多量に摂取することで性欲低下・疲労・頭痛といった副作用が出る恐れがあります。
サプリメントは医薬品と異なり、医薬成分が含まれておらず副作用のリスクは低いものの、用法・用量を必ず守って飲用してください。

またメラトニンには以下のような併用禁忌薬(飲み合わせが悪い薬)があります。

・併用禁忌薬
フルボキサミンマレイン酸塩

精神安定剤や抗うつ剤のなかにはメラトニンと相性が悪い薬があるため、服用中であればかかりつけ医に相談しておきましょう。
自己判断でメラトニンを摂取してしまうと、薬との相乗効果によって副作用が強く出てしまう恐れがあります。