【経口避妊薬】マーベロンの効果・飲み方

マーベロンは正しく服用すれば99%以上の確率で避妊できる低用量ピルです。
MSD社が開発・製造を行なっており、日本はもちろん世界各国で普及しています。
1錠あたりの人工ホルモンの含有量が一定であるため、錠剤を飲み分ける必要がない一相性ピルです。

マーベロンの有効成分と効果

有効成分:デソゲストレル、エチニルエストラジオール
効果/効能:避妊、月経不順の改善

マーベロンにはデソゲストレルやエチニルエストラジオールといった人工ホルモンが含まれています。
月経は女性ホルモンのバランスが深く関係して起こるのですが、マーベロンを服用すると排卵が抑制されるため、妊娠の可能性を限りなく下げられるのです。

またマーベロンを服用することでホルモンバランスが一定に保たれるため、月経不順やPMSといった症状の改善にも役立ちます。
有効成分の1つであるデソゲストレルはアンドロゲン活性(男性ホルモンの働き)を抑える効果もあり、ムダ毛の増加やニキビなどのトラブル改善にも効果的です。

低用量ピルの処方は保険適用外?

日本の病院では、避妊目的で低用量ピルを使用する場合に保険が適用されません。
保険適用で低用量ピルが処方されるのは月経不順やPMSの治療時です。

マーベロンは海外医薬品を扱う通販サイト(個人輸入代行サイト)でも購入できます。
同じ成分が配合されたジェネリックであればより安く購入できるため、避妊目的で低用量ピルを求めている場合は、専用の通販サイトを利用する方法も検討してみましょう。

ただし通販サイトでは医薬品に関する問い合わせが行なえません。
過去に病院で低用量ピルを処方されたことがなければ、まずは病院を受診することが大切です。

マーベロンの服用方法

月経開始日を服用1日目として、1日1錠ずつ服用します

マーベロンは1シートが1ヶ月分です。
21錠入りと28錠入りがありますが、中身は同じ成分が同じ量入っています。

・21錠入りの場合
1シート飲みきったら7日間の休薬期間(薬を飲まない期間)を設け、2シート目を飲み始めます。

・28錠入りの場合
1シート飲みきったら2シート目の服用を開始します

いずれも毎日同じ時間帯に服用してください。
飲み忘れががあると避妊効果がなくなるため、服用したことをこまめに記録するようにしましょう。

休薬期間中に消退出血があります

28錠入りのマーベロンには、7錠の偽薬(有効成分を含まない錠剤)が入っています。
7日間の休薬期間には消退出血が起こりますが、一般的な月経と違って短期間で終わるケースがほとんどです。

21錠入りのマーベロンには偽薬が含まれていませんが、必ず休薬期間を設け、2シート目の服用も忘れないよう気をつけましょう。

月経日をずらしたい場合にも役立ちます

マーベロンは1シートで1ヶ月分です。
休薬期間中に出血があるため、月経日の予想も簡単になります。

もし月経開始日をずらしたいのであれば、マーベロンの服用日数を調整する方法が最適です。

・月経開始日を早めたい→マーベロンの服用日数を減らす
・月経開始日を遅らせたい→マーベロンの服用日数を増やす

プロのアスリートなども低用量ピルを用いて月経日をコントロールし、大切な試合日に備えるなどしています。

マーベロンの副作用と禁忌事項

主な副作用
吐き気、嘔吐、乳房の張り、発赤、じんましん、不正性器出血

休薬期間中にある出血とは別で、不正に性器出血がある場合、すぐに病院を受診してください。
また動悸や息切れといったて血栓症の症状があった場合も同様に、早めに検査を受けましょう。

以下の医薬品はマーベロンと併用できません。
・オムビタスビル、パリタプレビル、リトナビルなどの抗ウイルス薬

上記の薬を使用してから2週間は、マーベロンを服用してはいけません。

服用禁止
乳がん、子宮内膜がん、子宮頸がん、血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、肺高血圧症、心臓弁膜症、亜急性細菌性心内膜炎の既往歴のある心臓弁膜症の患者、糖尿病性腎症,糖尿病性網膜症、抗リン脂質抗体症候群、重篤な肝障害、肝腫瘍、脂質代謝異常、高血圧、耳硬化症、妊娠中に黄疸持続性そう痒症または妊娠ヘルペスの既往歴がある、妊婦または妊娠している可能性がある、骨成長が完了していない可能性がある、35歳以上で1日15本以上喫煙している人

使用上の注意

以下に該当する人はマーベロンの服用について医師に相談してください。

・子宮筋腫がある
・乳がんの既往歴がある
・血栓症になった家族がいる
・軽度の高血圧
・ポルフィリン症
・肥満
・てんかん/テタニー
・耐糖能異常
・偏頭痛持ち