【クラビット・ジェネリック】LQuinの効果と副作用

クラビットジェネリック
LQuinはインドのシプラ社製のクラビット・ジェネリックです。
強力な殺菌作用が特徴で、クラミジアや淋病、膀胱炎、気管支炎などさまざまな細菌感染症に効果があります。

クラビット・ジェネリックの購入はコチラから

LQuinの有効成分と効果

有効成分:レボフロキサシン
効果・効能:菌の活性化を阻止して増殖を抑え、感染症状を改善します

LQuinはインド製のクラビット・ジェネリック。
1錠あたりの価格が161円~と安価でありながら、先発薬であるクラビットと同等の効果が得られます。

クラビットは日本の病院でもメジャーな抗生物質です。
有効成分レボフロキサシンはニューキノロン系に分類され、従来の抗生物質と比べると高い殺菌力があります。

また適応菌が多いという点も特徴の1つ。
尿路感染症、腸管感染症、呼吸器感染症、皮膚感染症などさまざまな症状の治療に最適です。

有効成分が菌に取り込まれるとDNAの複製を阻害し、菌が増殖できなくなります。
細菌感染症は体内に侵入した菌が増えることで悪化するため、抗生物質による治療が基本です。
LQuinはクラビット譲りの高い殺菌作用で感染症状を改善します。

LQuinは日本国内で認可されていないものの、海外医薬品通販で購入可能です。
クラミジアや淋病などの性感染症や、膀胱炎・気管支炎といった症状まで多くの適応症があるため、常備薬として備えておくのも悪くありません。

クラミジアと淋病の併発時にも役立ちます

クラミジアと淋病は症状がよく似ているものの、まったく別の原因菌に感染することで発症します。
どちらかに感染している場合、もう一方の感染リスクが高まるため、クラミジアと淋病を併発するケースも少なくありません。

クラミジアに比べると淋病は強い症状が出やすく、治療が長引くこともあります。
第一選択薬としてジスロマック(アジスロマイシン)が処方された場合も、2つの感染症を併発している場合は治療期間は長くなります。

レボフロキサシンは強力な殺菌作用を備えているため、クラミジアと淋病の併発時にもしっかり効きます。
クラミジアや淋病の場合は1日1回の服用を7日間継続するだけなのでとても手軽です。

自然治癒しない性感染症は早期治療が不可欠です。
症状に気付いたら早めに治療を開始し、感染拡大を防ぎましょう。

LQuinの服用方法

1日1回、レボフロキサシンとして500mgを服用します

LQuinは通常、1日1回500mgを7日間服用します。
有効成分の血中濃度が一定になるよう、毎日同じ時間帯に飲むと効果的です。

副鼻腔炎や中耳炎、膀胱炎などあらゆる感染症に効果がありますが、症状によって用法・用量を調整する必要があります。
また年齢や体重でも用法は異なるため、自己判断で服用しないようにしてください。
正しい服用方法については医師に相談することが大切です。

LQuinの副作用と禁忌事項

LQuinを服用することで以下のような副作用が出る恐れがあります。

・下痢
・軟便
・めまい
・悪心

胃腸症状対策として整腸剤を併用すると、LQuinの効果が半減する可能性があります。

使用上の注意

LQuinの併用禁忌薬はありませんが、以下の医薬品と併用すると強い副作用が出る恐れがあるため、事前に医師に相談してください。

アルミニウム・マグネシウムを含む整腸剤、クマリン系抗凝固薬、副腎皮質ホルモン剤、フェニル酢酸系またはプロピオン酸系の非ステロイド性消炎鎮痛薬

また高齢者や小児、妊娠中の女性、腎機能障害がある人、心疾患がある人もLQuinの服用に注意が必要です。