ハイプナイト【エスゾピクロン】通販

ハイプナイト

ハイプナイトは、睡眠薬・ルネスタのジェネリック医薬品です。
服用後30分ほどで眠気が訪れるという即効性が特徴

「なかなか寝つけなくて寝不足が続いている」
「不眠だと診断されたけど、なかなか通院できていない」

寝つきの悪さで悩んでいる人に最適な睡眠薬です。
また、製造や販売は海外の製薬メーカーが行なっているため、日本の処方箋がなくても購入可能。
精神科へは通わずに不眠症を改善したいという人にもおすすめです。

 

ハイプナイトの購入はコチラから

 

ハイプナイトを飲むとすぐに眠れる?

ハイプナイトの有効成分はエスゾピクロンといい、脳内物質・GABA(ガンマアミノ酢酸)の働きを増強して眠気を起こしやすくする作用があります。

GABAとは?
ガンマアミノ酢酸の略称で、「ギャバ」と読みます。
人間の脳内に存在している物質で、緊張や興奮、ストレスを和らげて過活動状態になった脳を落ち着かせる働きがあります。
GABAが十分に作用すると脳は休息しやすくなり、入眠もスムーズになります。

ハイプナイトは飲んで30分ほどで効き始め、作用のピークを迎えるのは服用から1時間後。
入眠作用に優れているため、「眠りたいのに眠れない」「毎晩、布団に入ってからの時間が長い」といった人に有効です。
作用の持続時間は5時間ほどなので、翌朝の目覚めもスッキリ。日中にだるさを引きずることもありません。

なぜ眠れない?不眠症の原因は?

そもそも、どうして眠れなくなってしまうのでしょうか。
不眠症になってしまうきっかけは人それぞれですが、大きく5つの原因が考えられます。

・身体的原因
体のかゆみ、咳や鼻づまりなどの息苦しさ、頻尿など

・生理的要因
布団やまくらが体に合っていない、寝室が暑過ぎるまたは、寒過ぎる、騒音が聞こえるなど

・心理学的原因
悩みごとや心配事がある、楽しみなできごとが控えているなど

・薬理学的要因
覚醒作用がある薬を飲んでいる、飲酒や喫煙をしているなど

質のいい睡眠を取り戻すためには、眠れなくなっている原因を改善することが重要。
身体的な原因や就寝環境を改善しても眠れない場合には、睡眠薬を用いた治療が必要です。

不眠タイプに適した睡眠薬を選びましょう

睡眠薬にはさまざまな種類があり、どれを飲んでも眠れるようになるというわけではありません。
眠れたという実感を得るためには、自分の症状に適した睡眠薬を服用することが大切。
不眠症の種類は、大きく4つに分類されます。

入眠障害 体は疲れているのにすぐに眠れない
横になってから2時間以上経っても眠れない
早朝覚醒 起床の予定時刻よりも2時間以上早く起きてしまう
熟眠障害 睡眠時間はたっぷりとれているのに、眠ったという満足感がない
しっかり眠ったはずなのにダルさや疲労感が残る
中途覚醒 夜中にしょっちゅう起きてしまう
睡眠中に目が覚めやすく、一度起きると再び眠ることが難しい

また、睡眠薬の種類は、作用時間の長さによって4つのタイプに分けられます。

効き始めるまで 作用時間の長さ
超短時間作用型 1時間未満 2~4時間
短時間作用型 1~3時間 6~10時間
中時間作用型 1~3時間 20~24時間
長時間作用型 3~5時間 24時間以上

ハイプナイトは、超短時間作用型に該当します。
素早く効くので、入眠障害の改善に最適。
また服用後5時間ほどは作用が続くので、質のいい睡眠を維持することができます。

ただし、「朝までグッスリ、もっと長い時間眠りたい」という人の場合、ハイプナイトでは物足りなく感じるかもしれません。
重い中途覚醒や早朝覚醒を患っている人は、短時間作用型の睡眠薬を試してみましょう。

ハイプナイトの安全な服用方法

ハイプナイトは、就寝前に1回1錠を服用します。

通常の最大摂取量は3mgですが、高齢者や体力が低下している人は2mgが上限。
初めて服用する人や高齢者は1mgから服用を開始し、効果が感じられない場合にのみ2mgに増量します。

服用後に眠気を感じられない、もしくは一度寝ついたけど途中で起きてしまったといった場合でも、追加で服用してはいけません。
有効成分の濃度が高まることで翌日に眠気を引きずる可能性があるほか、肝臓に大きな負担を与えてしまいます。

就寝準備を整えてから服用しましょう

ハイプナイトは即効性が高いので、いつ眠気が訪れても大丈夫なように状態を整えてから服用してください。

服用後は眠くなるものですが、無理して起き続けても脳が正常に働いていない状態なので大変危険です。

ハイプナイトを飲んだあとは料理や外出、車やバイクの運転などは絶対に控えておきましょう。

夕食は早めに済ませておきましょう

ハイプナイトは、食後すぐに飲むと成分の吸収が遅くなり効果が低下しやすくなります。

服用後、スムーズに入眠作用を発揮できるよう、夕食は就寝時刻の2~3時間前までに済ませておいてください。

寝酒との併用はダメ!

お酒を飲むとうまく眠れる気がするからと、寝酒が習慣になっていませんか?
しかしアルコールは、体内で代謝される際に脳を刺激。睡眠の質を低下させてしまいます。

また、睡眠薬とアルコールを同時に摂取すると、肝臓に大きな負担がかかります。
二つの成分を分解するには通常よりも長い時間が必要。
その結果、正しく服用した時よりも長く作用したり副作用が現れやすくなったりと、リスクが大きくなってしまうのです。

安全で質のいい睡眠を得られるよう、ハイプナイトを服用する夜は飲酒を我慢しておきましょう。

ハイプナイトを服用する際の注意点

ハイプナイトは安全性が高い睡眠薬ですが、副作用については注意が必要です。
服用するとどんな影響が起こるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

また、ハイプナイトとの併用が禁止されている医薬品があります。
一緒に飲むと薬同士がお互いの作用を強めたり弱めたりするため、投薬治療中の病気がある人は事前に確認しておくと安心です。

不快な苦みを感じたら…効き始めのサイン

ハイプナイトの副作用として、もっとも多く報告されているのが味覚障害です。

効果の発現とともに口内に苦味が起こり、ひどい人では水も飲めない・翌朝まで苦味が残っているというケースも。
どうしても苦味に耐えられない場合には、摂取量を減らしてみる、もしくはほかの睡眠薬を試してみるという方法があります。
しかし副作用の現れ方には個人差があり、ほとんど苦味を感じないという人もいます。

一時的な物忘れを生じる場合があります

ハイプナイトを服用すると、物忘れ(前向性健忘)を生じることがあります。

理由は、服用してから寝付くまでのあいだに脳の一部で不完全な覚醒が起こるから。
脳のほとんどは睡眠モードに切り替わっている中、部分的に起きている状態が生じます。
この時に起きたできごとや自分の行動などは覚えていないため、一時的な物忘れが起きてしまうのです。

記憶にないけど食事をした残骸があった・友人に電話をかけていたなど、自覚していない行動に驚いてしまうこともあります。

一緒に飲んではいけない薬があります

ハイプナイトは、ほかの睡眠薬との併用が禁止されています。
医師の判断のもと種類の異なる睡眠薬を併用するケースもありますが、自己判断での併用は絶対にやめましょう。

また抗真菌薬や痛み止めの中には、ハイプナイトと併用できない薬剤もあります。
服用に際して不安がある場合には、医師や薬剤師に相談してください。