ドリエル【睡眠改善薬】効果と副作用

ドリエルは、エスエス製薬が販売している市販の睡眠薬。
手軽に試せる・身近な睡眠薬として広く知られていて、アメリカでは同じ有効成分で作られたジェネリック医薬品も販売されています。

ドリエルの有効成分は、風邪薬や鼻炎薬に含まれるジフェンヒドラミン塩酸塩という物質。
風邪薬や鼻炎薬では副作用である眠気を、効果として商品化したのがドリエルなのです。

ドリエルの有効成分と効果

ドリエルの有効成分:ジフェンヒドラミン塩酸塩
効果:一時的な不眠の解消

ドリエルに含まれるジフェンヒドラミン塩酸塩には、化学伝達物質・ヒスタミンの働きを抑えて脳の覚醒を抑える働き(=抗ヒスタミン作用)があります。
覚醒し続けようとする脳の働きを阻害し、スムーズな入眠と睡眠の維持を助けます。

ドリエルは、服用してから30分~1時間ほどで効き始めます
作用の持続時間はおよそ7時間。
スッと寝つけて十分な睡眠時間を確保できるようになります。

ただしドリエルの目的は、一時的な不眠症状の緩和です。
不眠症ではないけれど、たまにうまく寝つけないことがあるという症状に有効。

長期化・慢性化している不眠症では、「寝つきがよくなった」「しっかり眠れた」といった効果を得られない場合があります。

・抗ヒスタミン作用とは?
ヒスタミンは、脳内にあるヒスタミン受容体と結合して脳の覚醒を維持・調整しています。
抗ヒスタミン作用とは、ヒスタミンとヒスタミン受容体の結びつきを阻害する働き。
ドリエルは、脳の覚醒を抑えることで睡眠への移行を助けます。

ドリエルと睡眠薬の違い

ドリエル=市販の睡眠薬というイメージがありますが、正確には睡眠薬ではありません。

ドリエルの分類は睡眠改善薬。
医師の判断や指示がなくても薬局やドラッグストアなどで買えるため、誰もが安全に使えることが最優先に作られています。
患者の病状に応じて処方される睡眠薬とは異なり、飲めば確実に眠れるといった強力な作用はありません。

ドリエルは一時的な不眠の緩和を目的に作られていますが、そもそも一時的な不眠とはどういった症状なのでしょうか。

・毎日じゃないけど、うまく眠れない日がある
・眠りが浅くて夜中に起きてしまうことがある
・しっかり眠れなくて一日中だるいことがある
・仕事の時間帯がバラバラで、睡眠のリズムが乱れがち
・集中力が低下したり、イライラしたりする

「ちょっと寝つきが悪いだけ」「ただの寝不足」と軽く捉えているうちに、症状が悪化して不眠症へと発展することがあります。

眠りにまつわる不調が軽いうちは、ドリエルが有効です。
不眠が深刻化する前に、睡眠の改善を試みてみましょう。

ドリエルとドリエル・ジェネリックの違い

ドリエルは、日本の製薬会社(エスエス製薬)が作っている先発医薬品。
ドリエル・ジェネリックは、アメリカの製薬会社(カークランド社)が作っている後発医薬品です。

同じ有効成分から作られているので、効果は同じ。
しかし、ジェネリックは薬の開発・研究にかける費用がかかっていない分、販売価格が非常にリーズナブルです。

ドリエル > 12錠入り/1,480円
ドリエル・ジェネリック > 600錠入り/4,490円

国産のドリエルを使ったことがあるという人、ドリエルに興味はあるけど安く買える方がいいという人には、ジェネリックがおすすめ。
ただしジェネリックは通販サイトで注文して、海外から届くまで2~3週間ほど待たなくてはいけません。

「今日の夜、ドリエルを飲んで眠りたい」という場合には、ドラッグストアで購入しましょう。

ドリエルの服用方法

ドリエルは、1回2錠(50mg)を就寝前に服用します
服用後はすぐに横になっておき、いつでも眠れる状態にしておきましょう。

睡眠中に目が覚めてしまっても、追加で服用してはいけません。
また、早く寝たい・グッスリ眠りたいからといって50mg以上服用するのも禁止されています。
多量摂取は肝臓に負担をかけるだけでなく、神経を高ぶらせてしまうことも。
眠りたくてドリエルを飲んだはずが、かえって寝つけなくなってしまったといった結果を招いてしまいます。

ドリエルとお酒を一緒に飲んではいけません

どんな医薬品でもアルコールとの併用は禁止されていますが、ドリエルも同じです。
お酒と一緒に飲むと、ドリエルが強く効き過ぎてしまったり普段よりも酔いやすくなったりするほか、肝臓に大きな負担を与えてしまいます。

ドリエルを飲むつもりの夜は、寝酒を我慢しておきましょう。

ドリエルの副作用・注意・禁忌

ドリエルの副作用として、といった皮膚症状、胃痛や吐き気、嘔吐といった胃腸症状などが報告されています。
起床時に頭痛や頭が重い感じ、めまいを生じることもあります。

ジフェンヒドラミン塩酸塩には、眼圧を上昇させたり胃腸や尿管を収縮させる作用があります。
そのため、緑内障や前立腺肥大症を患っている人、高齢者は服用できません/span>。
心血管系の病気がある人も要注意。持病がある人は、ドリエルの服用について医師や薬剤師に相談が必要です。

ドリエルの口コミ・評判

まことさん

夜間の仕事が続いて、横になってから寝つくまでに時間がかかることがあります。
睡眠薬といえばドリエルという印象だし、薬局で買えるならと、軽い気持ちで購入。
初めて飲んだ夜はわりとすんなり眠れましたが、その後は慣れてしまったのかあまり効果を感じませんでした。
病院で出してもらうような睡眠薬じゃないとダメなのかも。

さーちーさん

寝つきはよくなりますが、しっかり眠れたという満足感はあまりないですね。
眠ったのかはわからないけど気づいたら朝っていう感じでした。
寝れない…どうしよう…って思うことはなかったので、効果はあったと思います。
どうしても早く寝ないといけない時にだけ使うようにしています。