ジフルカン・ジェネリック【カンジダ治療薬通販】

再発リスクが高いカンジダ症の治療に最適なジフルカン。
体の中からしっかり菌に作用し、おりものや痒みといったカンジダ症を改善します。
ジフルカンと同じ有効成分を持つジェネリックならより安く購入できてお得です。

ジフルカン・ジェネリックの有効成分と働き

有効成分:フルコナゾール
働き:真菌の細胞膜に作用し、増殖を防いで感染症を改善します

ジフルカンはフルコナゾールを有効成分とする先発薬です。
抗真菌薬のなかでもカンジダ症やクリプトコッカス症に適応していて、副作用が少ないという点が魅力です。

カンジダ症は性感染症の1つ。
カンジダ菌が粘膜から体内に侵入すると、女性の場合はカッテージチーズ状のおりものが増えたり、女性器周辺に強い痒みが出たりします。
男性の場合は女性よりも軽症である場合が多いのですが、悪化すると尿道炎などを起こします。

性器周辺の炎症には外用薬も有効ですが、カンジダ菌は膣内部や尿道で増えるため、外用薬よりも内服薬が有効です。

フルコナゾールは体の中から効き、真菌の細胞膜の形成を阻害します。
殺菌作用はそれほど強いわけではないものの、カンジダ症にはよく効くため、第一選択薬として処方されるお薬でもあるのです。

ジフルカン・ジェネリックも先発薬と同等の効果が得られるほか、よりリーズナブルな価格で購入できます。

再発時のために常備しておくのがおすすめ

カンジダ症の原因菌は、人間の皮膚や膣内部に常在している菌でもあります。
本来であれば悪さをすることがありませんが、風邪やストレスなどで免疫力が弱ってしまうと、常在菌のバランスが崩れてカンジダ症を起こすことがあるのです。

そのためカンジダ症は性行為をしなくても発症するものだと言えます。

膣の痒みやおりものの変化を感じたら、悪化を防ぐためにも早めの治療を心がけましょう。
ジフルカン・ジェネリックは通販購入できるため、あらかじめ購入しておくのも悪くありません。
再発を繰り返すことも珍しくないカンジダ症の対策として、常備しておくといいでしょう。

ジフルカン・ジェネリックの服用方法

1日1回1錠を水またはぬるま湯で服用します

ジフルカンは1回150mgを1日だけ服用すれば効果が得られます。
症状が進行して強い痒みがある場合などは、1日最大400mgまで服用可能です。

症状の程度・年齢で用法が変わるので、正しい服用方法については医師に相談することをおすすめします。

ピルカッターを使って用量を調整しましょう

ジフルカン・ジェネリックであるフォルカンは、150mgと200mgがあります。
200mgを購入した場合は錠剤をカットし、3/4錠にして服用してください。

症状や年齢などで用量を調整する場合も、ピルカッターが役立ちます。
ただし1日に400mgを超えて服用することはやめましょう。

ジフルカン・ジェネリックの副作用と注意点

ジフルカンの副作用には下痢、胃のむかつき、発疹などがあります。
またアナフィラキシーショックも重篤な副作用として報告されているため、呼吸困難や粘膜の腫れなど特有の症状が出た場合は速やかに病院を受診してください。

・併用禁忌薬(一緒に飲んではいけない薬)
トリアゾラム、エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン、キニジン、ピモジド、アスナプレビル、ダクラタスビル

・服用できない人
妊娠中または妊娠している可能性がある、フルコナゾールにアレルギーがある

・ジフルカン・ジェネリックの服用について医師に相談が必要な人
腎障害や肝障害がある、ワルファリン投与中である、遺伝性フルクトースがある