ベルソムラ【スボレキサント】基本情報

 

ベルソムラは、MSD社(メルクシャープアンドドーム)が開発・販売している新しいタイプの睡眠薬です。

オレキシン受容体拮抗薬という分類で、脳を覚醒させる物質・オレキシンの作用を抑えることで睡眠を促します。
生理的な眠気を起こす薬なので、長く服用を続けても依存や耐性の心配がほとんどありません。

ベルソムラの有効成分と効果

ベルソムラの有効成分:スボレキサント
効果:不眠症の改善

ベルソムラの有効成分・スボレキサントは、服用後1.5時間ほどで血中濃度がピークに達します。
眠くなり始めるのは服用してから約30分後。
作用はおよそ10時間に渡って続きますが、もともと体内で分泌されるオレキシン量によって睡眠の持続・目の覚めやすさは変わってきます。

体に備わっている眠る力を強めるため、入眠障害・中途覚醒・熟眠障害・早朝覚醒など、幅広い不眠の症状に有効です。

オレキシンと睡眠の関係

オレキシンは神経ペプチドのひとつ。オレキシン受容体と結びつくことで神経細胞の働きを強め、脳を覚醒させる役割があります。

オレキシンの量は日中(起きている間)に増えて、夜間(睡眠時)になると減少します。
夜になると眠くなって朝が近づくと目が覚めるのは、オレキシンが正常に機能している証拠。

またオレキシンは、空腹を感じた時やメンタルが不安定になっている時にも作用が強まります。
「お腹がすいて眠れない」「心配ごとがあってうまく寝つけない」といった状態には、オレキシンが深く関わっているのです。

ベルソムラとほかの睡眠薬の違い

睡眠薬と呼ばれる医薬品の多くは、ベンゾジアゼピン(BZD)系や非ベンゾジアゼピン系という分類です。
BZD系・非BZD系薬剤は脳の働きを低下させて強すぎる緊張や興奮を抑え、強制的に脳をリラックスモードへと切り替えて眠気を起こしやすくします。

オレキシン受容体拮抗薬であるベルソムラは、オレキシンとオレキシン受容体の結合を阻害して脳の覚醒を抑えるのが働き。

夜になると眠気を感じるという自然な身体反応を強めて、睡眠のリズムと質を安定させていきます。
ベルソムラには強引に睡眠へと移行させる作用はないため、服用期間が長期に渡っても依存したり耐性がついたりといった危険性がほとんどありません。

「睡眠薬は危ない薬」「夜眠れるようになりたいけど、薬に依存したら…」など、従来の睡眠薬に対して不安がある人でも、ベルソムラなら安心して不眠症の治療を始めることができます。

ベルソムラの服用方法

ベルソムラは、就寝前に1錠を服用します。
一日の最大摂取量は20mgですが、高齢者は15mgまでとされています。

食事中や食事のすぐ後で服用すると、有効成分・スボレキサントの吸収が遅れて効きが悪くなってしまいます。
本来の効果を得るために、就寝予定時刻の2~3時間前までに夕食を済ませておきましょう。

また、グレープフルーツを含む飲み物・食べ物やアルコールとの併用は、ベルソムラの作用を強めたり肝臓に過度な負担を与えたりします。
ベルソムラは水やぬるま湯で服用し、飲酒は控えておきましょう。

ベルソムラの副作用・注意・禁忌

ベルソムラの副作用として、翌朝の眠気や倦怠感が強まるほか、悪夢を見る頻度が高まることがあります。

・眠気
ベルソムラは、人間に備わっている生理的な眠気に働きかける薬です。
体質によっては効き過ぎることがあり、起床後も眠気やだるさが残ることがあります。
通常であれば眠気は午前中に治まりますが、人によっては長く引きずることも。

眠気が残って日中の活動に影響をおよぼしている場合には、

・用量を減らしてみる
・服用時刻を早めにしてみる
・ほかの睡眠薬に変更する

といった対処法があります。

・悪夢

ベルソムラを服用するとレム睡眠(浅い眠り)の時間が増え、夢を見る機会も増えます。
不眠症を患っている人の多くはストレスや不安を抱えていて、そういった精神状態が悪夢として表れるのではないかと考えられています。

悪夢の程度や頻度が変わっていくか様子を見るケースもありますが、つらい場合にはほかの睡眠薬に変更しましょう。

ベルソムラの併用禁忌薬

抗真菌薬、抗菌薬、抗ウイルス薬などの中には、併用が禁止されている薬・併用に際して注意が必要な薬があります。
治療中の感染症がある人は、ベルソムラの服用について医師や薬剤師に確認してください。

ナルコレプシー(過眠症)やカタプレキシー(情動脱力発作)の人、肝臓の働きが低下している人、妊娠中または授乳中の女性も、バルソムラの服用には十分な注意が必要です。

ベルソムラの口コミ・体験談

ちょこちょこさん

ベルソムラ、値段が高いですよね…。
社会保険使って病院で処方してもらうのが確実ですが、通院先の医者に相談しても出してくれなかったので通販でポチりました。
眠剤を変えることはよくないんでしょうが、できるだけ体に負担をかけたくないというのが正直なところで。
エチゾラムを飲んだことあるんですが、翌日かなりだるいんですよ。しっかり眠れるから依存しちゃいそうだったし。
自分のことが心配になったのでベルソムラにしたんですが、効果は悪くなかったです。
眠れるという手応えはさほど強くないですが、日中の過ごしやすさはベルソムラが上。

まこっちさん

体に優しい睡眠薬なんだろうけど、自分には効き過ぎました。
平日に10時間以上寝てしまって、あやうく遅刻寸前。
週末に飲むようにしたり量を減らしてみたりして、なんとなくベルソムラのことがわかってきたような。
目分量で15mg弱くらい、寝つきと寝起きのバランスがとれてきました。