バスパー【ブスピロン】効果・副作用

バスパー

バスパーの有効成分はブスピロンで、アザピロン系という分類の医薬品です。
バスパーおよび、バスパーのジェネリック医薬品は日本で販売されていませんが、処方薬・デパス(エチゾラム錠)の代替薬として知られています。

バスパー・ジェネリックの購入はコチラから


 

バスパーの有効成分と効果

バスパーの有効成分/ブスピロン
効果/不眠症の改善、一時的な不安の緩和

バスパーは、脳内物質・セロトニンの働きをサポートする医薬品です。
セロトニンが増強されると脳がリラックスしやすくなり、入眠もスムーズになります。

また強い緊張や不安など、脳が感じる刺激が緩和されるため、不安障害やうつ病による不安感を落ち着かせる目的でも用いられます。

入眠障害、中途覚醒に有効

バスパーは、脳の働きを穏やかにして入眠を促す作用があります。
服んでから30分~1時間ほどで効き始め、その後6時間ほど作用が続きます。

即効性に優れているので入眠障害の改善に適しているほか、ルネスタ系の睡眠薬よりも作用時間が長いため、夜中に何度も起きてしまう中途覚醒で悩んでいる人にもおすすめです。

強い不安を抑える

バスパーにはセロトニン量を調整する働きがあるので、精神安定剤(抗不安薬)としても有効です。

過度な不安や緊張を抑え、気持ちを穏やかに。
有効成分が体内に入ってから効果が安定するまでに1~2週間ほどかかるため、継続的な服用が必要です。
しかし時間をかけて聞いていくので、即効性の高い精神安定剤と比べて依存のリスクが少ないというメリットがあります。

デパスの代わりになる理由

デパス(エチゾラム錠)はチエノジアゼピン系という分類の医薬品で、ベンゾジアゼピン系に近い作用を持っています。

催眠作用、筋弛緩作用、抗不安作用、抗不安作用などがあり、精神科や心療内科、内科などで処方されます。

・デパスとバスパーの共通点

効果発現/30分~1時間
作用時間/約6時間

パスパーとデパスは効果の現れ方が似ているため、同等の効果が得られると感じる人もいるようです。
ただしデパスの方が脳への作用が強いので、バスパーの方が弱いと感じる人もいます。

バスパーの飲み方

バスパーは、睡眠薬として服用するか、抗不安薬として服用するか、目的によって服用方法が変わります。

睡眠薬として服用する方法

就寝直前に1回1錠を、水やぬるま湯と一緒に服用します。

10mgから服用してみて、効果が感じられなけれ次の服用時に増量してみてください。
ただし、用量が多過ぎると副作用の程度や発症率も高まります。
効果と副作用のバランスには十分に配慮してください。

また夕食後すぐに服用すると、ブスピロンの吸収が遅れて効果が低下する可能性があります。
夕食は早めに済ませておき、服用・就寝まで3時間以上は空けるように調整しておきましょう。

精神安定剤(抗不安薬)として服用する方法

1回5mg、1日2~3回服用します。
1日の最大摂取量は60mgです。

不安な気持ちを落ち着かせるためには、ブスピロンの血中濃度を常に安定させることが大切。
毎日複数回、決まった時間帯に服用するよう心がけましょう。

バスパー 使用上の注意

バスパーは、心の病気の治療薬としては比較的安全性が高い薬ですが、優れた効果を発揮する分副作用の可能性を念頭に置いておかなくてはいけません。

バスパーは睡眠薬として有効な反面、抗不安薬として服用する場合には眠気に対する注意が必要です。

副作用

バスパーの副作用として、頭痛、めまい、眠気、立ちくらみ、下痢、消化不良などが報告されています。

抗不安薬として服用する際は、
・用量を最小限に留めておく
・自動車や機械類の操作は控える
といった対策をとりましょう。

また、セロトニン量が増えると胃腸症状が出やすくなるため、お腹が弱い人は胃腸薬と併用しても構いません。

バスパーの口コミ・評判

もちもちさん

エチゾラムを処方されていたことがあります。
寝る前に1mgで、まぁ寝れるかな?っていうくらい。
バスパーなら10mgで同じくらいの効き目かと思います。

病院へ行けば処方してもらえるけど、エチゾラムは1ヵ月分しか出してもらえないんですよね。
仕事が忙しくなると通院できないこともあるので、通販で買えるバスパーは重宝しています。

ここさん

不安というかイヤな気持ちでもやもやして、集中できなかったりイライラしそうになる時期にデパスを飲みます。
バスパーはデパスと同じ効果があるということで、興味があり注文してみました。

実際飲んでみて、精神安定剤としてはちょっと弱いかなと思いました。
思ったほど安心感というか落ち着く感じはありませんでした。
毎日飲めば効果も高まるんでしょうが、頓服として使えたらよかったのに…という感じです。

バスパーの購入方法

バスパーやバスパーのジェネリックの有効成分であるブスピロンは、日本ではまだ承認されていません。
そのため購入する際には、海外医薬品専門の通販サイトを利用しましょう。
処方箋がなくても注文できるので、病院へ行かずに効果的な睡眠薬を手に入れたいという人にとってはとても便利です。

楽天やアマゾンと同じようにネット上の手続きだけで済んでしまうので、通院にストレスを感じている人は一度活用してみてください。