性器・口唇ヘルペスにはバルトレックス

バルトレックスとは、1日2回の服用でウイルスの増殖を抑制する抗ウイルス薬です。
性器ヘルペスや帯状疱疹の治療が可能で、ヘルペスの再発防止も望めます。
体内での吸収が早いため、これまでの抗ウイルス薬よりも効果が早く現れます。
性器・口唇ヘルペスが再発してしまった人や、即効性がある抗ウイルス薬が欲しい人に最適の治療薬です。

バルトレックスの有効成分と効果


有効成分:バラシクロビル
効果・効能:ウイルス細胞の複製や増殖を抑える他、再発防止にも有効です

バルトレックスは性器・口唇ヘルペス、水疱瘡、帯状疱疹の症状を抑制します。
性器・口唇ヘルペス(単純疱疹)や水疱瘡、帯状疱疹などはヘルペスウイルスが原因で引き起こされています。
単純疱疹のウイルスは特に感染力が強いといわれていて、タオルやタオルの飲み回しでも感染します。
家族間で感染しやすく、症状を発症するまでに3~7日間かかるといわれていて、水ぶくれができた時にはウイルスがバラ撒かれている状況といえます。
ウイルスの増殖には、細胞分裂が必要です。ウイルスは同じ仲間を複製するためのDNAを持っており、細胞分裂を繰り返して分身を作り続けます。
バルトレックスは、そのDNA複製によるウイルス増殖の働きを阻害する役割があります。
ウイルスのDNAを複製する際には、DNAポリメラーゼという酵素の働きが必要ですがバルトレックスはこの酵素に対して競合的に作用しウイルスの複製を妨げるのです。

有効成分であるバラシクロビルは、体内に吸収されるとアシクロビルという成分に変換されます。
アシクロビルは従来の抗ウイルス薬である、ゾビラックスの有効成分です。
さらにバルトレックスはこれまでの抗ウイルス薬と同じ作用を持ちながら、吸収率が高いため即効性が望めます。

本来であれば治るまでに3週間以上かかる帯状疱疹も、バルトレックスを服用することで1週間~10日程度で改善できるといわれています。

バルトレックスの服用方法

バルトレックスの服用方法は使用目的によって異なります

バルトレックスは性器・口唇ヘルペスと帯状疱疹では、服用方法が異なるため症状に合った使用方法で摂取しましょう。

・性器、口唇ヘルペスの場合
500mg錠:1回1錠
1000mg錠:1回2分の1錠
治療の場合は1日2回の服用を5日間続け、再発防止の際には1日1回を3ヵ月以上の使用を継続します。
1日の最大摂取量は500mgまでとなっています。

・帯状疱疹の場合
500mg錠:1回2錠
1000mg錠:1回1錠
1日3回を7日間継続しましょう。
最大摂取量は1000mgですが、症状によって服用量や服用回数に変化があります。自身で判断できない場合は専門医による診察を受けてください。

バルトレックスの副作用・禁忌事項

副作用は頭痛や眠気、吐き気、便秘、下痢など

副作用がでにくいといわれているバルトレックスでも、肝機能が低下している場合に服用すると上記のような副作用が顕著に現れる可能性があります。
眠気を感じた際には、危険を伴う機械の操作や車の運転は控えてください。

※下記に該当する人はバルトレックスを服用してはいけません。
・バラシクロビル、またはアシクロビルに過敏症の既往歴がある
・高齢者、肝機能障害を抱えている

※下記の項目は併用注意薬です。
併用注意薬とは、バルトレックスと併用して服用する際に注意が必要な薬のことを指します。

・プロベネシド
・ミコフェノール酸モフェチル
・テオフィリン
・シメチジン
など

バルトレックスの併用禁忌薬は現在調査中となっています。
日常的に薬を服用している人は、バルトレックスを服用する前にかかりつけ医による診察を受けましょう。